VPSとConoHaについて調べてみた

VPSとConoHaについて調べてみた

こんにちは、Mako(@makokamiya)です。

Startup Lab LagoonTOMONIとのコラボ、「実践!開発コース」での学習記録です。

今回は、ConoHaというホスティングサービスが提供するVPSを使う機会があったのでまとめてみました。

VPSとConoHaVPS

VPS:Virtual Private Server

まずは用語から

ぶいぴーえす / Virtual Private Server

物理的なサーバを提供する「レンタルサーバ」や「ホスティング」に対して、仮想サーバを提供する「仮想専用サーバサービス」のこと。

複数のユーザ(契約者)で利用する共用サーバである点は「ホスティング」と同様であるが、仮想化技術により専用サーバ用に独立した環境とroot権限が提供される点が異なる。

https://it-trend.jp/words/vps

レンタルサーバーのように、複数のユーザーが共用で利用するんだけど、それぞれ独立した環境で使えるよ、ということなんですね。(そのまんま)

独立した環境ということは、それぞれのユーザーがOS・メモリ・CPUなど自由に構築できるため、他のユーザーの影響を受けることがありません。つまり、他のユーザーが訪問数の多いサイトを運営していたとしても自分のサイトが重くなるということが無い、ということらしいです。

参考:https://kigyolog.com/article.php?id=519

ConoHa VPS

ConoHaとは、レンタルサーバーやVPSなどのホスティングサービスを提供しているサービスです。VPSを提供しているホスティングサービスは他にもあるようですが、ConoHa VPSをおすすめしているブログが多くありました。

ちょっと古いけど参考:https://www.gamehuntblog.com/entry/conoha-vps-introduction

登録方法の参考:https://hackable.jp/posts/665

まとめ

まとめるまでも無いですが、VPS、ConoHaVPS、めちゃくちゃ便利ですね。

ConoHa VPSにはポチッと選択するだけで環境構築をしてくれるテンプレートがたくさんあります。それらの中から、WordPressのテンプレートが気になったので、この機会に移行させてみようかなと思いました。

では、また!